冷え性を改善する飲み物について

紅茶・ウーロン茶

発酵食品には身体を温める効果がありますが、飲み物も同じです。お茶の葉は、発酵させないものが緑茶、半発酵がウーロン茶、完全発酵が紅茶で、紅茶が一番発酵の度合いが高いのです。ですから、緑茶よりも紅茶やウーロン茶の方が体を温める効果はあります。プーアール茶やほうじ茶も身体が温まりますね。

 

酢を使った飲み物

酢は、体を冷やす食品と言われています。けれども、それは一緒に摂る食材によるのです。酢には、毛細血管の血巡りを良くする力がありますから、サラサラな血液を体中に循環させることが出来、冷え性の改善に役立ちます。黒酢やりんご酢、トマト酢など、酢を使った飲みやすい飲み物を取ってみて下さい。お湯で3〜4倍に薄めて飲むのもお勧めです。

 

生姜を使った飲み物

生姜が体を温める食材だという事は良く知られていることです。その生姜、生の物でも体を温める効果はありますが、乾燥させたものの方がより内臓を温める効果が高いのです。薄くスライスしてカリカリになるまで天日干しで乾燥させ、紅茶やスープに入れたりしょうが湯にしたりして飲んでみて下さい。勿論、そのまま食べてもOKですよ。

 

赤ワイン

赤ワインに多く含まれるポリフェノールには、血液をサラサラにする働きがあります。血液を良くし、血管を良くし、活性酸素を分解する働きがあるのです。身体が冷えることで体内の酵素の働きが鈍り、活性酸素が増えて行ってしまうという悪循環を断ち切るには、ポリフェノールの摂取は良い方法です。生姜に含まれるショウガオールもポリフェノールの一種です。

 

リンゴジュース

体の中の老廃物や毒素を体の外へ出すことで、血液はキレイになりサラサラとスムーズに流れてくれます。この血巡りの良さが冷え性改善へ繋がります。そのまま食べても身体を温めてくれるりんご。勿論、ジュースにしても同じです。同じく身体を温める効果のある人参と一緒にジュースにして飲むと、冷え性対策への効果は倍増ですね。


TOP 目次