冷えからくる病気とは

貧血


貧血とは、血中のヘモグロビンが少ない状態です。血液の中で酸素を運ぶ役目の赤血球。その赤血球の中のヘモグロビンが酸素と結合して体中にたくさんの酸素を運びます。ヘモグロビンの少ない薄い状態の血液は冷えを招き、冷えた体は貧血を招くという悪循環が生まれていきます。

 

 

自律神経失調症


ストレスや生活習慣が自律神経の体温調節機能に不具合を起こします。これは、エアコン等の温度管理で体の温度調節が不要になったり、外気温との大きな差に温度調節がついて行けなかったりといったことが大きく影響しています。そして、体温調節だけでなく他の機能にも悪影響を与えて行ってしまうのです。

 

 

低血圧症


冷えの原因には血流の悪さが挙げられます。全身に血液を巡らせる事が出来ず、冷えの状態が生まれます。そして、全身に血液を送る力が弱くなり血圧が低下してしまいます。もちろん、低血圧症が原因で冷え性になることもあり、他の症状と同じく負のスパイラルが生まれてくる事には違いありません。

 

 

更年期障害

体温調節は、自律神経の体温調節機能がコントロールしています。ストレスなどにより自律神経に影響が及ぶことが原因で冷え性を引き起すこともあります。そして、自律神経はホルモンバランスを乱し、更年期障害を引き起こし悪化させてしまう事もあるのです。そして、血行不良になりさらに冷えを悪化させるという悪循環が生まれます。

 

 

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症とは、血液がドロドロの状態から足の動脈硬化が進み、血管が詰まったり細くなったりして血液が巡らずに、足が冷えたり痛んだりする病気です。冷え性も閉塞性動脈硬化症もいずれも血液の循環が悪くなる事で起こりますから、改善するためには、どちらも血液をサラサラにして血流を良くする努力をする事が重要になります。

 

 

急性腹膜炎

腹膜炎は、腹腔内を覆う膜が細菌感染したり炎症を起こしたりすることで起こります。原因としては、虫垂炎(盲腸)、急性胆嚢炎などがありますが、内臓が冷えることで胃腸に不調が生まれ、炎症を起こしたりして腹膜炎になることもあります。冷えによる体温の低下はこんなところにも影響を与えてしまうのです。

 

 

膀胱炎

体が温まりにくい冷え性。下半身も冷えています。常にお腹が冷えている事で、残尿感や頻尿の症状が起こりやすい冷え性。残尿感や頻尿の状態は尿路不安定愁訴といいまだ膀胱炎にまでは至っていませんが、その状態をそのまま放置しておくと膀胱炎に発展してしまう事もあり、やはり冷え性を改善す



TOP 目次