四肢末端型冷え性

四肢末端型冷え性とは

体が温まっているのに手足指先が冷えて温まらない状態の冷え症を言います。主に10代〜30代の女性に多く見られ、手袋などではなかなか解消されない冷えです。手先の作業に支障が出たり、しもやけになったりして日常生活にも影響が出てしまう事もあります。入浴等で全身が温まっても、すぐに手先や足先は冷たくなってしまいます。

 

原因

ダイエット等で熱を作り出すカロリーが不足し常に低体温だったり、運動不足で筋肉の量が不足していて、血液をうまく流せない事が主な原因になります。他に、体を締め付ける衣服や靴下などで血流を邪魔することも原因として挙げられますが、それだけではなく、ストレスや生活習慣、自律神経や食生活も大きく関わっているのです。


下半身型冷え性

下半身型冷え性とは

足先から腰の下半身が冷える冷え症を言います。主に更年期の女性や中高年の男性などにみられる冷えの症状です。上半身は温かいのに下半身が冷えていて、冷えのぼせのような症状が出ます。下半身にうまく熱が運べない事で起こりますから、マッサージやウォーキングなどを定期的に行って血行を良くする事で症状を改善させます。

 

原因

加齢により、お尻の筋肉である梨状筋が固くなることで、足の血流を調整している交感神経を含む坐骨神経が影響を受けて起こることが主な原因と言われています、運動不足で筋肉が衰えたり、長年のデスクワークで腰に負担が掛かっていたりして起こりますから、血流を良くするために運動をしたり食生活を見直すなどして改善していきます。

内臓型冷え性

内臓型冷え性とは

体の中が冷えている冷え症で、年齢や性別を問わず起こります。手足は冷えていないのに、何となく寒く感じることが多く、下痢や便秘になりやすいです。汗をかきやすく、熱が体から逃げていきやすいことで体の中の温度が下がってしまい起こる場合もあります。腹巻をするなどの保温対策をしたり、有酸素運動をして体の中から血行を良くするなどして改善していきます。

 

原因

血管を収縮させて内臓へ血液を送って内臓を温めるという作業がうまく出来ずに冷えが起こります。急激な温度の変化や冷たい物の摂りすぎ、偏った食生活などの体へのストレスが原因となって、体温調節をする自律神経が乱れることが主な原因とされます。これまでの食生活や生活習慣をもう一度見直して改善していく事がとても大切です。


TOP 目次